クロールのフォームを整える

スポンサードリンク

クロールのストロークが上手くいかない方にお勧めのこのドリル。
ワンアーム、片手ずつのストロークを行なっていきます。


トレーニングの目的

今回のドリルでは、正確にストロークできているか、軌道を確認していきます。


しっかりとしたストロークが出来ないと、なかなかトレーニング効果が出てこないので気をつけましょう。
また、ゆっくりと片手ずつ行なっていくので、手だけでなく、上半身から下半身の連動までしっかりと使ってドリルが出来るようにしましょう。

注意してほしいポイント

今回のドリルはフォームが一番重要なのでフォームに気をつけてほしいのですが、そのほかにもポイントがあります。


それは、左右にぶれないこと。
片手ずつストロークしていきますので、左右にぶれる可能性が高いです。
ぶれてしまうと通常の泳ぎとは異なった動きになってしまうので注意しましょう。


ねじり、ひねりはしてもOKです。

キックのタイミングを合わせる

ドリルをやっているとキックのタイミングを合わせることが意外と難しいと思います。


キックは常に打ち続けながら、タイミングを合わせてストロークをし始めましょう。
キックを休んでやりはじめるのではなく、キックを打ち続けていくということが重要です。


さぁ、正しいストロークを手に入れていきましょう!


この記事は、Freestyle – Position 11 Surgeより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル