レベル別の片手スイムのやり方とコツ

スポンサードリンク

水泳には相当数のドリルがありますが、自分にあったレベルのドリルをやらないと泳ぎが崩れてしまいます。
今日は、良く行なわれるドリルをレベル別に解説していきます。



初級者向けの片手ドリル

初級者向けの片手ドリルは、ストロークしない方の手を前で固定してやっていきます。


この時のポイントは、どうしてもローリングが浅くなりがちなので、片手前でローリングしづらくてもローリングをするようにしましょう。
自然にローリングができると入水をするシーンの時に、前の手が自然と後ろに下がってきますが、これは正常な動きです。


この動きが入るタイミングで通常のキャッチを行なう事で身体のひねりを腕に伝える事ができるんですね。

上級者向けの片手ドリル

上級者向けの片手ドリルでは、ストロークしない方の手は、気をつけの状態に固定します。


先ほどの初心者ドリルの時は、ストロークする側で呼吸をしていましたが、今回はそれとは逆。
手を固定している側で呼吸をするというのが上級者向けです。


このドリルでは、ローリングしやすいので、オーバーローリングになりがちですので注意しましょう。
ストロークをするときに、腕をしっかり伸ばし身体のひねりを活用しながらストロークが出来るようにする事が重要です!!



この記事は、youtube内『TRIATHLONLUMINA』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル