平泳ぎのアウトスイープだけに注目して行なうドリル

スポンサードリンク

平泳ぎのプルを良いものにしていくためには非常に繊細な動きが必要になります。
今回は、マニアックな平泳ぎのプルのドリルおこなっていきましょう。


アウトスイープを大切に

平泳ぎで重要視されがちなのは、インスイープの動きです。
身体を上に上げる、前に進むというシーンで重要に見えています。


ところがそれと同じくらい重要になってくるのがアウトスイープです。
今回いうアウトスイープは、入水してから手を外にゆっくりと開き手を返すところまでをさしています。
このアウトスイープで前に滑らかに進みつつ、水を捉えていく動きを今回のドリルで鍛えていきます。


今回のドリルは、フィンを使って、バタ足をしながら手だけに意識を向けていきます。
スピードが付いた状態かつ、身体が起こしやすい状態を作るのがフィンをつける目的です。


やり方は、まず手を組まずに平泳ぎの入水をしたあとの姿勢をとりましょう。
続いて手を外に一度開きインスイープに切り替える位置になったら最初の位置に戻します。
戻したらすぐに通常のストロークを行なっていきます。
これが1セットになります。


まず、最初の姿勢ですが、手をまっすぐばんざいの姿勢をとった状態で抵抗が少ないようにします。
この姿勢から手を外に開いていきますが、手を入水した後をイメージして少し下から斜め上に上げながら外に開いていきます。
手の平の角度をつけ、外に開きながらも水を掴む準備をします。
そこから戻すときには少し身体を上に浮かすようにしながら柔らかくインスイープしていきます。
手の平がそろうかそろわないか位のところから、再度アウトスイープに。
先ほどと同様に手を下から上に持ち上げるようにしながら、手を開いていきます。
外に開いた勢いを消すことなく、肘を立てインスイープをしていきましょう。


アウトスイープで意識をしなければいけないのは、インスイープでより水を掴むための準備をすることです。
パワフルに手を開いていくというよりも優しく水を包み込む準備をしていってあげましょう。
慣れてきたら、手を開く際の意識を肩甲骨から開くようにしてあげることでよりインスイープで水が捉えやすくなります。


この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル