パドルを使ったちょっと変わったドリル

スポンサードリンク

いつものプルを更に強化するために

皆さんプルのトレーニングをするときに、パドルをつけてトレーニングしているでしょうか?
通常、パドルをつけるだけで十分筋力トレーニングになるのですが、
パドルを使用していると腕が疲れて変な泳ぎ方になる弊害もあります。

今回はパドルを使ったドリル方法をご紹介します。



今回のポイント

  • 1.パドルを掴んで行う
  • 2.肘を立てて水に乗る
  • 3.パドルが無い方向け



1.パドルを掴んで行う

今回やってほしいトレーニングはパドルを掴んで通常のスイムを行っていきます。
いろいろな形のパドルがありますが指の付け根でしっかりと握るようにしてパドルを掴みます。
パドルが手首あたりにまで届くようにすると良いです。
手首が曲がらないようになると更にGood!


2.肘を立てて水に乗る

パドルを掴んで手首が曲がらない状態を作ると何が起きるか。
肘を立てないと水がしっかりと捉えられなくなります。

パドルが水に対して斜めになってもだめですし、肘を引くにしてもNGです。

肘を立てて、しっかりとそのパドルに身体が乗せられるようにできるとよりよいです。
しっかりと意識してトレーニングしていきましょう。


3.パドルが無い方向け

さてさて、パドルが無い方はここまで読んでないかもしれませんが笑
パドルが無い方向けのトレーニングをご紹介します。

そのやり方とは、手をグーにしてストロークするんです。
パドルをつけると水の抵抗があってやりやすいのですが、無くてもトレーニングできます。
しっかりと手首を固定して手首と前腕で水をつかめると進めるようになります。

パドルがある方もやってみてくださいね。

ちなみにパドルはアマゾンでこれが一番人気のようです。
私もこれを良く使っていました。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル