バタフライのストロークを強化できるプール活用法

スポンサードリンク

プールで皆さんが普段意識してないけれどもかなり良いトレーニングになるシーンがあります。
それはどこでしょうか?
答えは、プールサイドへあがるタイミングです!


何故良いのか

プールサイドに上がるタイミングが何故そんなにも良いのか。


それは、適度な負荷がかかりつつ、自然と理想的な手のポジションが取れるからです。
プールサイドに上がろうとすると、手は肩幅と同じ位で開き、ジャンプしつつ手を押しますよね。


この幅が両手だった場合の力が入りやすいポジションなのです。(厳密には違いますが)
そのためこの形に慣れておく事でよりパワーの出しやすいストロークを手に入れる事が出来るのです。


また、プールから上がる時には腹筋も実は少し使っています。
その意識をより強くしてあげると、ストロークの時にも自然と腹筋を活用しながらストロークできるようになるのです!



この記事は、『Swim Speed Secrets Press-Out Drill』より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル