周りに差をつける平泳ぎのプルの練習

スポンサードリンク

平泳ぎのプルは主役ではない!けれども…

平泳ぎのプルは正直言って主役ではありません。当然重要ですが、キックに比べたら重要度は下がります。
ですが、しっかりとプルの練習をする事で周りの人に比べて速くなりやすいのも事実です。

いつもは軽視しているプルの強化を行っていきましょう。



今回のポイント

  • 1.狭く広く
  • 2.より極端にやる
  • 3.ベストな位置を見つける



1.狭く広く

今回のドリルはプルを狭くしたり広くしたりするようにします。
いつもやっている位置から狭くしたり広くしたりすることで、
いつもと違う筋肉に刺激を与えられたり、新しい水の感覚がつかめたりするので非常に良いトレーニングになります。


2.より極端にやる

実際にやってみて動画でみると面白いのですが自分では思いっきり広げているつもりでも見た目から変わっていないことが多いのです。
思っているよりも、広げたり狭くしたりしないと通常の位置から変わっていないので、
いつもよりも極端にやるようにトレーニングしてくださいね。


3.ベストな位置を見つける

さて、今日は色んな筋肉を刺激すると言う事も重要ですが何よりもベストな位置を見つけることが重要です。
どうやって見つけていくかというと、今回やっている広く、狭くとやっている動きの中で
1ストロークで進む距離が一番長いものを選びましょう。

大切な事は感覚で選ばずにしっかりと距離で定量的にやっていきましょう。



今日の名言

お金は生活を良くするけど、僕がインスピレーションを受けるものではない。サッカーをするのは経済的な利益からじゃない。なによりチームのためにプレーするのであって、自分のためにプレーするわけじゃないんだ

リオネル・メッシ

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル