水を押さえる感覚を掴むためのドリルワーク

スポンサードリンク

水を押さえろ!といっても感覚が分からないとなかなか難しいものです。
まず最初は、どういうことなのかを道具をつかって理解していきましょう。


水を押さえるための練習

今回のドリルでは、ビート板を2枚使って泳いでいきます。
目的は、水を押さえる感覚手を真っ直ぐに伸ばすということです。


ビート板を1枚ずつ右手と左手両方で押さえましょう。
このとき、ビート板は握らないようにすると難易度があがります。


ビート板の幅にもよりますが、肩の延長線上に真っ直ぐ両手がくればOKです。
この姿勢のまま、バタ足やドルフィンキック、平泳ぎのキックを打っていきましょう
キックただ打つのではなく、キックでタイミングをとり入水のタイミングを作り出します。
作り出したときに、ビート板を押さえ、水を押さえるという感覚を掴みます。


瞬間的に「グッ」と押すのではなく、持続的に「グーッ」と押さえるようにすると泳ぎに近づきます。
クロールの場合は、左右交互にやると良いでしょう。


泳いでいる最中にキックがふらついていると左右に身体がふれてしまいます。
上半身はビート板を持つことでかなり安定していますので、真っ直ぐ進むようにバランスをとりましょう。


顔を上げてみたり、水の中にいれたりしてみて、水を押さえるにはどうやったらよいのかを考えて見ましょう。
肩を使うのか、腕を使うのか、腹筋を使うのかと色々なやり方がありますよ!


この記事は、youtube内『森隆弘』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル