リカバリーをスムーズに行なう為の練習方法とコツ

スポンサードリンク

リカバリーがどうしてもぎこちなくなってしまう人は、肘に意識を集中して腕をまわしてみましょう。
意識を変えるだけで、簡単に泳ぎも変わったりしますよ。


肘で動かすってどういうこと

簡単に言うと、肘から先の力は全く抜くということです。


肘関節に繋がっている前腕や手の力を全く抜きましょう。
こうすることで余計な力がなくなり、スムーズに腕を回す事ができるようになります。


とはいえ、いきなりやってください!で出来るものではないのでしっかりと手順を踏んでリカバリーを習得していきましょう。

肘で動かす練習

まずは水中に立った状態で、顔に水がつかないくらい前屈しましょう。


この状態のまま、片手の指先が肩に触れるようにします。
この指先が離れないようにしてください。


姿勢をキープした状態で肘を前後に少し半円を描くように大きく動かしていきます。
動かしながら、手先の力を抜いていくように意識します。


慣れてきたら肩から指を外しましょう。肘を同様に動かしていきますが、この時手先の力は抜き肘にぶら下がっているようにします。
いきなりは上手くいきませんので、肩につけるドリルと交互に行ないながら徐々に感覚を掴んでいきましょう。


ある程度できるようになったら実際のスイムを行なってみましょう。
いつもより腕が大きくまわせるような感覚であったり、手先がリラックスしていたら成功です!



この記事は、youtube内『Shinji Takeuchi』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル