背泳ぎのローリングの練習

スポンサードリンク

背泳ぎのローリングを上手くする

どうせ泳ぐならば、世界一綺麗といわれる入江選手くらい綺麗に泳ぎたいですよね。
今日は背泳ぎのローリングに注目してトレーニングしていきましょう。


今回のポイント

  • 1.身体のひねりについて
  • 2.キックと組み合わせる
  • 3.リカバリーのコツ



1.身体のひねりについて

今回のドリルは、気をつけの姿勢を取りながら背泳ぎのキックを打ち、ローリングしていきます。
大事な事は身体をしっかりとひねるものの、ひねらない部分も作ると言う事です。

どういう事かというと、肩は物凄くひねっていますが、顔は正面を向いたままである。
腰はひねってあるけれども、足は少し上向きで蹴られている事

こういった点を注意しましょう。
大事な事はひねる意識だけでなく、ひねる度合いをコントロールする事です。


2.キックと組み合わせる

身体のひねりを加えた後に、当然そのひねりの力を足に伝えるようにします。

タイミングとしては数が多くありませんが、身体をひねる、ねじるタイミングのキックを少し強めに打つように意識します。
但し、キックが大ぶりにならない様に注意してくださいね。

しっかりとしたキックが打てるとひねるタイミングのときに、グンッと進むようになります。


3.リカバリーのコツ

今回のドリルをやったら、次は通常の泳ぎに繋げていきますが、リカバリーが一番注意しなければならないポイントです。

ドリルで行なったタイミング、身体のひねりをスムーズにリカバリーに繋げていきます。
上手く綺麗にリカバリーするには以下4点を意識してみてください。

・手が顔の正面にこないこと
・肩の延長線上にまっすぐ手が挙がっている事
・親指からリカバリーすること
・入水時には波が激しくたたないこと

綺麗な泳ぎが出来るようがんばりましょう!!




この記事は、Swimisodes – Backstroke – Body Rotation Drill 4Kより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル