ローリングを上手くなって、プルの力を引き上げよう!

スポンサードリンク

クロールか背泳ぎを泳ぐ時に、ローリングを行なう事で腕や足の力だけで進むのではなく、体幹の力を腕や足へ伝達させること出来ます。
まずはプルを使って上手なローリングを学んでいきましょう。


ローリングの基礎

今回は、プルブイとパドルを使ってローリングを習得していきましょう。
ローリングは、腰を捻る事が目的ではなく、腰を捻る事で体幹の力を腕に伝えていく事が目的です。


腕を伸ばした時には、伸ばした側の腰を下にし、身体を伸ばしていきます。
この状態から、体幹を使っていきます。
身体が横になっていますがお腹が落ちない様にしましょう。


キャッチをするタイミングよりも少しだけ先行して、腰を引いていきます。
この引く動作、捻る動作の力を腕に伝えていってあげましょう。
左手を出していた場合は、左の腹斜筋を使って腕を引っ張っていってあげるようにします。


余裕が出てきたら左を引きながら右手と右の肩甲骨を前に伸ばす事でその力も腕に伝えていきましょう。
左の腹斜筋、右の肩甲骨周りの挙上動作を連動させて、腕に伝えてあげる事でよりパワフルな動きをする事が出来ます。


最初は、どちらか一方だけに意識を集中させてやってみましょう。
慣れてきたら左右交互に出来るようにしていきます。


パドルをつけているのはある程度水の重さを感じれた方がやりやすいからですので、上手くなってきたらパドルを外してプルだけでこの動作が出来るようになりましょう。
少しオーバーな動作になりがちですが、注意してトレーニングしましょう。


この記事は、youtube内『Swim Smooth』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル