これが出来たらセンスある!?水泳のスカーリング

スポンサードリンク

水に対するセンスが分かるトレーニング

水泳のトレーニングっぽくない練習をしましょう。
スカーリングをやって渦を作りましょう。
どうやってやるかイメージつきますか?

是非動画をみて学んでくださいね。



今回のポイント

  • 1.渦を作れるということは
  • 2.浮いた状態でやる
  • 3.得意な方はどっちか



1.渦を作れるということは

さて、今回の映像では渦がしっかりと作れていますね。
実際にやってみたらなかなか出来なくて苦労するかもしれませんが、水泳やっていない人でも出来ています。
私の友人もお風呂場で教えたら出来ていました。

渦が作れるということは、スカーリングをしているときに下に水が移動しているということです。
どういうことか。水を移動させられているという事は、その分上に浮く事が出来ます。


2.浮いた状態でやる

続いて、浮いた状態でやりましょう。
立ってやるのではなく、日本のプールでは膝を曲げてやってみてください。
また、角度を変えて浮いてみてもOKです。

シンクロの選手たちは物凄く綺麗な渦を作ったりできていますが
シンクロの人たちが浮いているようなイメージで受けるとベストです。


3.得意な方はどっちか

おそらく挑戦しているうちに、渦が出来やすい方と出来づらい方があると思います。
利き手の方が苦手、ということも多数あるので、確認してみてください。

得意な方の動きと何が違うのかを自分で確かめながらやっていきましょう。

更に上手くなりたい方は、手の位置を変えます。
水深が少し深い所でスカーリングしてみましょう。

上手い人だと肘から手首位の位置でスカーリングをして綺麗に渦が作れています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル