平泳ぎの体重移動を学ぶ

スポンサードリンク

平泳ぎのプルと身体の動かし方

今回はしっかりとした平泳ぎのプルを身につけていきます。 平泳ぎはどうしてもプルを重要視していないことが多いです。 ですが、しっかりとしたプルを身につける事で体重移動などをしっかりすることができます。 優先度としてはキックよりも低いですが、より速くなるために身につけましょう。

今回のポイント

  • 1.バタ足
  • 2.プルからの繋ぎ
  • 3.体重移動

1.バタ足

今回は平泳ぎのプルを行いながら、自由形のキック、バタ足を行っていきます。 動きとしては2ビートではなく、しっかりと6ビートで打てるようにします。 当然ながら、インパクトの瞬間、通常の平泳ぎで言うとキックの瞬間はどちらかの足で強く蹴りましょう。 これが上手くいった方は、得意な方だけでなく反対の足でもキックが出来るようにやりましょう。

2.プルからの繋ぎ

一番のポイントは通常プルをやる時にはキックしていないので、身体を起こすことやフラットな姿勢でプルすることが非常に難しいものです。 いつも出来ない動きを行う事がポイントになってきます。 バタ足でキックを打つ事でプルから身体を引き上げる部分をサポートしてあげることでしっかりと理想とした泳ぎを作りましょう。

3.体重移動

さて、引き上げる部分についてはやっていきましたが、平泳ぎは引き上げと前の体重移動が必要です。 プルから前に移動するタイミングでも、身体が引き上がっていると前へ体重移動がやりやすくなります。 斜め下にすべるようにしっかりとキックで身体を引き上げた上で、前にすべりましょう。 ポイントとしては重心である腰を引き上げる事が出来るとななめしたにすべるような動き、体重移動が可能になります。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル