クロールで手は入水してからどの角度にするのが良いか

スポンサードリンク

今回は、手首の角度についてしっかりと理解してみましょう。
あなたの手首はどうなっていますか?


今流行っている手首の角度とは

とにかく推進力を得るためにはどうしたらよいでしょうか?
少し考えて見ましょう。


意外とシンプルで、進みたい方向とは反対側に水を押し出すことでその反発力で前に進んでいきます。
つまり、水を反対側に押し出す必要があるということです。


効率よく水を押し出すためには適切な手の平の面を作り出す必要があります。
当然抵抗も考えつつ。


今回は、良い手の平の面を作るために入水してからすぐの手首の角度を考察してみたいと思います


入水してからの手首はどんな角度にしておくと良いでしょうか。
抵抗を考えつつ、推進力を得つつ。


現在正解が出ているわけではないのですが、最近の流行としては、少し指先を下げるような形が望ましいとされています。
手の甲で抵抗を受けてしまうように考えてしまいますが、すぐにキャッチをできることなどを考えると、こちらの形が良いでしょう。
ただし、手首を曲げすぎだと抵抗になってしまうので要注意です。


手首を曲げることで若干斜め下に滑っていくようにすることで、入水の勢いを消すことなくスピーディーに入水することができます。
動画最中に非常に多くの例が出てきています。
これらを見ながら、自分にあった手首の角度を調整しながらみつけていってくださいね。



この記事は、youtube内『Swim Smooth』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル