バケットターンを習得する練習方法とそのコツ

スポンサードリンク

個人メドレーをやる人にとって、バケットターン(クロスオーバーターン)は習得必須のテクニック。
とはいえ、なかなかコツを掴むには難しい。
ということで今回はバケットターンのコツと練習方法を伝授します!


バケットターンの練習方法

では、早速やっていきましょう。


最初に確認すべきは、普段の背泳ぎから平泳ぎのターンでどっち側の手で使っているか。
今回は、右手を例にして説明していきますので、左手の方は左右逆にして読み進めていってくださいね。


コースロープが左手側にあるように通常の背泳ぎを泳いでいきましょう。
その泳いでいる勢いのまま、右手で左側のコースロープを掴みに行きます。
右手で掴んだら、コースロープを引っ張るようにして前転するように回転します。


言葉で説明するよりも実際にやってみると意外なほどに間単に出来てしまいます。
ただ、回転するだけでなく、身体を小さくして、スピーディーに回れるように何回も練習しましょう。


続いて、壁で同様の動きを行なっていきます。
あまり手を内側に入れすぎると失格になってしまいますが、最初は、少しオーバー気味にやりましょう。


回転して、壁を蹴るときまでの姿勢をとるのに、頭で考えると少し難しいので、まず最初は壁を蹴るだけ。
徐々に、壁をしっかりと力強く蹴れるように練習していきましょう。


まずは回転を強引に行なわず、スピーディーにスムーズに回転できるようにすることが第一ステップ。
続いてその勢いのまま、回転し、壁を強く蹴れるようになるのが第二ステップです。


いきなりやるのはなく、徐々にやって、習得していきましょう。
TOPの選手でもバケットターンをするのとしないのでは、0.5秒も変わるくらいですので、マスターズ選手であれば1秒は変わるでしょう。
難しいテクニックですが、いつもの練習から、バケットターンを取り入れるようにして、練習していきましょう。



この記事は、youtube内『KOHEIJAPANREMIX』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル