水泳における水の抵抗を理解する為に体感してみよう

スポンサードリンク

トップアスリートたちは、水の抵抗を感じやすく、都度都度修正しているように見えます。
初心者の方は、水の抵抗、というものがそもそもあまり体感できていないようです。
今日は水の抵抗はどんなものかを感じてみましょう。


水の中で抵抗を受けよう

今回のトレーニングは遊びのようなものです。
目的としては、水の抵抗を感じる事。
水泳は、水の抵抗を上手くつかうスポーツです。
いかに姿勢や動きを効率良くし、抵抗を減らすかという動作。
いかに水をたくさん捉え抵抗を使いその反発力で推進力得るかという動作。


意外にも初心者の方の多くが水に対して慣れていない為、トップ選手たちが言っている”抵抗”というものを十分に理解できていません。
今回は、あえて抵抗を受けてみる事で水の抵抗を受けている時の身体の感覚を身につけて頂きます。


やる事はいたってシンプルです。
常に壁を蹴る所からスタートします。壁を蹴る所まではいつもの動きをしましょう。
では、早速やっていきましょう。

  • 通常のストリームラインを組んだ状態でスタート
  • 手を広げ、「Y」字の形でスタート。足は真っ直ぐ
  • 手をもっと広げ、「T」字の形でスタート。足は真っ直ぐ
  • 手はストリームラインに戻し、足を広げ、「A」字の形でスタート
  • 手も足も広げて、「X」字でのスタート
  • 通常のストリームラインを組んだ状態でスタート


  • いかがですか。
    それぞれの体制の時によって大きく抵抗を感じる部分が変わってくると思います。
    その重さのようなものが水の抵抗です。


    2度目は、先ほどと同じ姿勢をキープしつつも、どうやったらその抵抗を減らせるかを考えてやってみてください。
    今回は、非常に抵抗が感じ取りやすい練習になっていますが、通常のスイムでも同様に、泳ぎの抵抗を常に減らす努力を行なっていきます。


    こういうのって子どもが上手かったりするんですが、是非大人も子どもも交じってやってみてくださいね!



    この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル