背泳ぎの綺麗な浮き上がり方法

スポンサードリンク

スタートしてから更に加速するために

背泳ぎだけに限らず浮き上がりで加速するのは非常に重要なことです。
せっかく壁を蹴ってスピードが出ているのにそれを消してしまっては勿体ない。

今回は壁を蹴ったスピードを消すことなく、更に加速するくらいの浮き上がりのコツを伝授します。



今回のポイント

  • 1.鼻に水が入らないように
  • 2.何を目印にするか
  • 3.浮き上がり方のポイント



1.鼻に水が入らないように

背泳ぎの一番難しいことは、鼻に水が入らないようにすることかもしれません。
実はできると非常に簡単です。(たまにミスって鼻にたっぷりと水が入ることもありますが笑)

一番簡単な方法は、鼻から息を常に出しておくことです。
「んー」と口を閉じて言おうとすると、鼻から常に微量の息が出るようになるので、鼻に水が入りません。

更に上級者になると、上唇に空気を溜め込み鼻に水が入らないように栓をする選手がいます。


2.何を目印にするか

浮き上がるときに、深すぎたり浅すぎたりする選手が多くいます。
さて、うまい選手はどこを見ているのでしょうか?

それは、水面です。ただし水面といっても真正面の水面より少し下(足側)を見ることで水面をはっきりと見ています。
正面では水が透き通っていて見づらいので少し下を見ることで水面との距離がはっきりと分かります。


3.浮き上がり方のポイント

さて、実際に浮き上がるときのポイントですが、順を追って説明しましょう。(逆が良い選手は右左を入れ替えてくださいね)
1.水面が近くなったら、右手をストロークしていきます
2.右手をストロークしてからリカバリーに移るタイミングで左手は水のキャッチをし始めます
3.左手でキャッチをしていきながらそこに身体を乗せていきます。身体が徐々にひねられていきます。
4.浮き上がるタイミングでは左後ろに傾いていますので、右肩から通常のリカバリーのようにあげていきます

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル