スタートでライバルに差をつける為の陸トレ

スポンサードリンク

簡単なステップアップダウンをやるだけで壁を蹴った後の進みが変わります。
今日はシンプルかつ強力なトレーニングをやりましょう。


使うときのイメージ

このトレーニングは、使うときをイメージしてやりましょう。


使うときというのは
・スタートのとき
・ターン後壁を蹴るとき
をイメージしましょう。


平泳ぎのキックにも

平泳ぎのキックにも使うことが出来ますが、少し工夫が必要です。


前腿ではなく、ハムストリングス、足の裏側で蹴るように意識しましょう。
また、あがっていくときにストリームラインを組むようにしながら伸び上がっていくことも良いでしょう。

注意点

姿勢に関する注意点は動画の中に組み込まれていますね。


もうひとつ注意するとしたら、左右交互にやりながらやっていくのですが、
右上げる、左上げる、右下げる、左下げる
というワンパターンにならないように注意しましょう。


左、右、左、右というパターンもありますが
左、右、右、左というパターンも混ぜてトレーニングしていきましょう。



この記事は、Best Butt Exercises: Step Upsより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル