進まないのは姿勢が悪いから!?抵抗の少ない姿勢を身につけよう

スポンサードリンク

何もしなくても身体を浮かせると言う事は非常に重要な事です。
あなたは何もしないでどれだけ進む事ができますか?


スーパーマングライドのやり方

今回の目的は、いかに抵抗の少ない姿勢を作れるか、です。


抵抗の少ない姿勢を作れると言う事は、パワーロスが減りスピードが上がりやすくなります。
その為パワーアップよりも短期間で効果が出やすいのが特徴です。
(但し習得までには個人差があり、人によっては物凄く時間がかかります)


では、実際にやっていきましょう。
やる事は非常にシンプルで、床を蹴ってから前にけのびして進むようにするだけです。
指標は、どれだけ前に進む事が出来たか、になります。


一回でたくさん前に進める人は、抵抗の少ない姿勢を作れており、進めない人は抵抗が多い姿勢になってしまっています。
床を蹴る力なども関係してきますが、大人よりも子どもの方が進む事も多々ありますので、関係性は低いです。


まず、床を蹴る時はしっかりとしゃがみこみますが、頭が水面に出ない程度でやりましょう。
身体が完全に水中に沈むほど、潜る必要はありません。
この状態から前に重心をかけて、進んでいきます。


伸びる時は水面に出る部位をなるべく少なくして、おきましょう。
水面に出てしまうと重力を受けてしまいます。


身体を伸ばしている状態の時は、気持ち身体を反らすイメージを持つと良いでしょう。
肺が一番の浮き袋ですので、沈めてあげる事が重要です。
肺にある浮力を体幹や身体全体でコントロールして、身体を浮かせましょう。



この記事は、youtube内『Shinji Takeuchi』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル