個人メドレーのターン 平泳ぎからクロール

スポンサードリンク

最後の最後で抜かれないために

個人メドレーは通常なかなかやらないターンの動作を行います。 更に平泳ぎからクロールは、大体疲れきっているところでやる動作になります。 なので実は練習が非常に難しいものだったりします。 是非この映像をみて練習してください。

今回のポイント

  • 下から上に回るように
  • 壁を突き放す

下から上に回るように

平泳ぎは非常にスピードが遅い状態でターン動作に入ります。 タッチターンにおいては全てそうですが、直線的に入りターンする動作よりも、(→ ←) というターンよりも曲線を描くターンの方がスムーズにターンができます よりスピードを落とさないターンを意識して、練習して下さい。

壁を突き放す

先ほどの通り、平泳ぎはスピードが遅い状態でターン動作に入ります。 なのでターンインのスピードのままでいくとターンでの回転が遅くなってしまいます。 そこで、壁をタッチし、引きつけた後に、突き放す動作をする事で回転スピードを上げます。 そうすることで回転が速くなり、タイム向上に繋がります。

その他の個人メドレーのターン

バタフライから背泳ぎのターン 背泳ぎから平泳ぎのターン

今日の名言

人生とは旅であり、旅とは人生である

中田 英寿

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル