クイックターンが上手くできない人の為の練習方法

スポンサードリンク

初心者脱出の証、クイックターン

プールでクイックターンができている人、かっこいいですよね。
でも、鼻に水が入ってしまうし自分にはできない、と諦めていませんか?
今回はクイックターンの実践に入る前の練習を解説していきます。
まずこのステップをふむことでより綺麗なクイックターンができるようになります。
既にできている人も、この動作ができるかチェックしてみてください。



今回のポイント

  • 身体全体の動作
  • 足の動作
  • 手の動作
  • 上半身の動作



身体全体の動作

まずは映像を見て見ましょう。手前の男性側ですね。
ターンして壁を蹴るのではなく、その場でくるっと回って浮き上がる練習になります。
壁を蹴ることをいきなり意識するのではなく、回転することに対して余裕を持てるようになりましょう。

手足のポイントは後ほど説明するとして身体全体としては
床を蹴りけのびをし、気をつけをしてから身体を小さく丸めくるりと回ります。
身体全体で意識してもらいたいのが、身体を小さく丸めるということです。

読者の皆さんなら分かると思いますが、全体が小さくなればなるほど回転しやすくなります。
しっかりと小さく丸まる、意識してこの後の動作にうつっていってください。


足の動作

足でのポイントは二つ。
1つ目が回転する直前にドルフィンキックを打ち、回転するための加速をさせること。
一回だけうちます。たまに何度もばたばたしている人がいますが、ポイントは1回だけでやることです。
2つ目がドルフィンキックを打ち、加速した後に抵抗少なく足を引き、身体を小さく丸めることです。
足を引くときに引くことばかり意識して、抵抗がある状態で足を引いている人が多くいます。
しっかりと抵抗の部分も意識して足を引きましょう。
キックで水を蹴れない場合は、フィンを使ってみても良いでしょう。
フィン
FAR-6927 スイムフィン BLK

手の動作

手のポイントを解説していきます。
手はまず気を付けをしてまわるようにしますが、ここで手のひらは床を向くようにしてください。
手のひらが床に向くような状態からばんざいをするように手を頭の方にあげます。
ここで正しくできていると水をしっかりと掴めているので身体が回転する方向に動きます。
手を忘れている選手は多いのでぜひ意識してやってみてください。
腕でしっかりと水がつかめない場合は、パドルを使ってみても良いでしょう。
ARN パドルパドル

上半身の動作

最後に上半身の動きです。
まずは気を付けをした後に、身体をほんの気持ちそり、その反動で丸まりにいきます。
勢いをつけて前転をするのと似ています。
上半身の勢いもつけてターンできるようにしましょう。

より速く、綺麗にターンができるようになりましょう。



今日の名言

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

イチロー

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル