ビート版を持ったままクイックターン

スポンサードリンク

見た目だけでもトップアスリートに

クイックターンができている選手は結構いますが、このターンができる人はなかなかいません。
通常のビート版は浮力が強く沈めるのが非常に難しいからです。

さて、あなたはこれができますか?



今回のポイント

  • 1.回る前に加速
  • 2.ビート版の使い方
  • 3.注意点



1.回る前に加速

通常のタッチターンと異なるのが、クイックターンをすることですね。
そこで、回転をする前に進行方向へのスピードが必要になってきます。

回る前にしっかりとストロークをして加速しましょう。


2.ビート版の使い方

ビート版をうまく使わないと今回のターンはできません。
ストロークをするときには、ビート版を持っている側の手は最後にかきましょう。

また壁を蹴るときには抵抗にならないように、しっかりと水にさすような形で板を持ちましょう。


3.注意点

ぶっちゃけ今回の練習、あんまり通常の練習に役に立ちません。
当然いろんな動きができることでうまくなるということもあるのですが、正直この練習はそこまで期待できません。

じゃあ書くなよ!って話なんですが、一応面白いかなぁと思い。
はい、ということであんまりできないからって気を落とさないでくださいねー!

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル