苦手なクイックターンを上達させるには、”回転スピード”を上げよう

スポンサードリンク

初心者脱出の証はなんでしょうか?
やっぱり、クイックターンが綺麗に出来る事じゃないでしょうか?
今日は、クイックターンを綺麗にしていく練習していきましょう!


クイックターンをクイックにする

多くの選手がクイックターンを苦手としています。
『クイックターンよりもタッチターンの方が早いんです!』なんて自慢してくる方もいますが、それはクイックターン上達の可能性がまだまだ残っていると言う事です。


クイックターンで一番の課題となるのは、回転するスピードです。
回転がゆっくりになってしまうことで、

  • ターンスピードが遅くなってしまう
  • 回転不足で壁をしっかり蹴れない
  • 鼻に水が入ってしまう
  • といったデメリットが発生します。
    まずターンが苦手な方は、回転するスピードを上げる事に注力していきましょう!


    では、実戦です。
    回転スピードを上げる為には、まず水を押す事に注力しましょう。
    水を押す方向は、こちらです。


    rolling


    赤い矢印の方向、少し斜め下に押してあげ、この力で回転していくようにしましょう。
    この斜め下に押す力が強ければ強いほど回転がしやすくなるということです。


    今回のドリルでは、ビート板を使う事で、この力を疑似的に上がった事にし、回転スピードを上げていきます。
    まずは、とにかくスピードを上げていきましょう。


    回転スピードをあげるうえでヒントの図がこちら。
    turn_roll
    意味、分かりますか?


    何かと言うと、回転する上で、身体が広がったままターンをするとよりパワーが必要になってしまうということです。
    ターンの回転する直径を短くすればするほど、抵抗が少なく、少ないパワーでも素早く回転ができるようになります。


    折角簡単に早くなれるテクニックであるクイックターン。
    たくさん練習をして、素早くターンが出来るようになりましょう。


    回転した後の壁キックについては、素早くターンが出来るようになれば、もう後は簡単です。
    是非、回転スピードを上げることに注力してがんばってみてくださいね!



    この記事は、youtube内『松田俊人』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    4 Responses

    1. 日比有樹子 より:

      よろしくお願いします。
      頭が下になったところで身体がほどけてしまう方を見かけます。
      心理的に怖いと感じてやめてしまうのかもと仰ってましたが、何人か見たことがあるので重心や回転の方向など何かあるような気がします。見ていると頭が下になったとき、お尻がふわっと浮いてバランスを崩してしまうように見えます。
      良いアドバイスがあればよろしくお願いします。

      • swim media編集部 swim media編集部 より:

        日比さん
        コメントありがとうございます。
        おそらく力の向きが間違っているのだと思います。

        この記事の中で赤い矢印を出している図があると思いますが、この時に斜めに力を入れられていないと腰が浮くだけういて終わってしまいます。
        また、間違ったキックを強く打ってしまうとこうなりがちです。

        と、間違った理由ばかりいっても仕方ないですね^^;
        具体的に感覚を掴む練習をひとつ。

        立った状態で、気をつけをします。(手の平は正面側に)
        この状態から手をバンザイのようにあげていき、その反動を使い身体を前に丸めていきます。
        この時、間違ったやり方をしている方は、腰が後ろにひけてしまいます。
        これではターンが上手くいきません。

        バンザイと上げた状態で、腰が後ろにひけないようにして、身体が丸まるように練習してみてください。
        これを何回かやった後にターン練習をして、腰が上に浮かないように注意してやると改善がみられると思いますよ^^

    2. くまさん より:

      よろしくお願いします。
      中学生に指導をする際にクイックターンについては、回り始めのきっかけを動作にするか壁からの距離にするかで悩みます。選手は動作をきっかけ(最も多いのは利き手のストローク後)にすることが多いのですが、回転中に体が沈んでしまうことがとても気になります。
      個人的には壁までの距離で回転動作に入るべきだと思っています。
      私の理想は、
      ①回転中は、体をできるだけ伸ばす。
      ②回転速度を速くする。
      ③回転軸をできるだけ胸に近くする。
      狙いは大きな壁向きの遠心力を作り出すことです。
      その事で
      ①ターン中に体が沈むことを防ぐ。
      ②回転中も前に進むので、壁から遠い位置でターンが始まり、泳ぐ距離を少し削れる。

      ターンについては、これが正解というものをなかなか目にする機会も少ないので、理論的な分析等がもっと身近になるといいと思います。
      今後もターンに関する記事をお願いします。

      • swim media編集部 swim media編集部 より:

        くまさんさん
        コメントありがとうございます。
        クイックターンのきっかけについては、トップ選手の多くで聞くのが、5mラインを目線で通過した時にどの動作をしていたかによって変えるという方法です。

        例えば、
        ・左手の入水の時に目線通過だった場合は、最後のストロークは右手になる
        ・左手のプル時に目線通過だった場合は、少しストロークテンポを上げて最後のストロークを左手にする
        などなどです。

        少しは参考になったでしょうか。

        ちなみにターンの回転速度を上げるということは間違っていないと思いますが、回転の遠心力で前に進むというのはあまり聞いたことがありません。
        どちらかというと、
        ・泳速を下げないようにいかに抵抗を少なくするか
        ・回転速度を上げ、壁にすばやく到達するか
        ということを重視されています。

        ターンについては、100mフリーのトップ選手の身体の使い方が一番の参考になります。
        是非選手と一緒にみて議論してみると面白いのでおすすめです^^

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル