【競泳・最終日】残り5種目の決勝結果は…!?

スポンサードリンク

day7
遂に競泳最終日、7日目の競技が終了しました。
最終日は5種目のみ。

どんな結果になったのでしょうか!?


男子1500m自由形・決勝
山本耕平選手が14分57秒12で優勝しました。派遣標準記録は、14分55秒3でした。
非常に惜しい結果となってしまいました。


男子50m自由形・決勝
中村克選手と塩浦慎理選手の争いが注目でしたが結果は、中村選手の優勝。
22秒09と22秒14と、0秒05差と僅差でした。
個人の派遣標準突破はなりませんでした。


女子50m自由形・決勝
池江璃花子選手が24秒76で高校新記録を樹立、優勝しました。
こちらも個人での派遣標準記録突破はなりませんでした。


男子100mバタフライ・決勝
職人、藤井拓郎選手が52秒03で優勝。個人での派遣標準はなりませんでしたが、リレーでの内定を獲得しました。
メダルを獲得している種目だけあって、リオにも期待が持てますね。


女子200m背泳ぎ・決勝
本大会の最終種目のこのレース。結果は、酒井夏海選手が2分10秒43で優勝しました。
個人での派遣標準突破はならず。とはいえ、中学生で圧巻のレース展開でした。
更なる成長に期待が持てますね。


これでリオオリンピック選考会が終わりました。
様々なドラマが生まれた五輪選考会。本選に向けてより強化をしていく選手たちにより一層の応援をお願いします!

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル