パワーのある泳ぎを身につける為のチューブトレーニング

スポンサードリンク

日々トレーニングできていますか?
今回は、地味な腹筋や背筋などのドライランドも良いけれども、もっと泳ぎに直結する動きがしたい!
そんな方にお勧めのトレーニング方法です。


チューブトレーニングの準備

今回は、ストレッチコードなどのチューブを利用してトレーニングしていきます。
広さがあり、強度のある支柱にチューブを括り付けていきましょう。


チューブは、画像のような、持つところが棒状になっているハンドル型のチューブがおススメです。
パドル型の方が一見水泳に役立ちそうですが、ハンドル型の方が汎用性が高くその他のトレーニングにも利用できます





もし、持っていないようであれば、この機会に購入してみても良いでしょう。
オススメは、以下の二つのどちらかです。
毎日のようにトレーニングをやっているスイマーであれば、緑色でも良いですが、基本的には黄色のレベルがおススメです。
Soltec‐swim(ソルテック) 水泳用 トレーニングチューブ ストレッチコードウィズハンドル
FINIS(フィニス) 水泳 練習用 負荷用 ストレッチコード 可動範囲改善 ドライランドコード LITE イエロー [日本正規品] 105113104

チューブトレーニングの基本的なやり方

まずは、チューブを少し高めの支柱に括り付けましょう。
下につけてしまうと、腰を痛める原因になるので、立った状態で、みぞおちの位置よりも上につけるようにしましょう。


その状態でチューブをもって、後ろに下がります。
腹筋に力を入れたまま、身体をくの字に曲げてを伸ばします。
腰が曲がらないように、注意しましょう!
下図のように腰が前傾するように意識してあげましょう。





チューブが軽く張るくらいの位置にまで下がったらその状態からチューブを引っ張っていきます。
やり方は大きく二種類あります。

ダブルハンドストローク

両手を同時に引っ張っていくトレーニング方法です。
チューブに慣れていない人はこのトレーニングから始めることをおススメします。
ワンハンドの方が若干ですが難易度が高くなっています。


ダブルハンドの時には、身体が上下に揺れたりしがちですので、注意しましょう。
また、姿勢にも要注意です。

ワンハンドストローク

片手ずつ引っ張っていくトレーニング方法になります。
ワンハンドは、身体が上下左右にぶれやすく、少し難易度が高いトレーニングになっています。


ダブルハンドで身体を上下に揺らすことなくトレーニングできるようになったらチャレンジしてみましょう。
やる場合は、頭の位置がずれないように、クロール(自由形)を意識してトレーニングを行いましょう

まとめ

いかがだったでしょうか。
チューブトレーニングは、チューブを繋ぐ場所さえあれば、どこでも出来る簡単で強力なトレーニングです。


実際にやる際には、以下のポイントに気を付けることで更に効果がアップします!

  • 腰が曲がらないように体幹に力を入れる
  • ハイエルボーを意識してチューブを引く
  • 泳ぐときに使う筋肉をイメージしながらトレーニングする


  • 是非、やってみてくださいね。


    この記事は、youtube内『FINIS, Inc.』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。いね。


    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

    catch paddle banner

    swimsupport_banner

    サービス サービス

    swim gear
    swim menu
    swim support

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル