メディシングボールを活用した片手腕立て伏せ

スポンサードリンク

いつもと違った練習をする事で新鮮な気持ちでトレーニングをしていきましょう。
今日はメディシングボールを使ったちょっと変わった腕立て伏せです。


片手腕立て伏せの目的とやり方

今回のトレーニングは、片手腕立て伏せといっていますが、そこまでハードなものではありません。
メディシングボールを使って、アンバランスにすることで、片側の筋肉を鍛えていくと言うモノです。


まずこの目的は片方の胸を集中的に鍛えると言う事です。
手をついている方が不安定かつ、負荷が高くなります。
左右でどちらがやりづらいかは確認しておくとよいでしょう。


また、体幹のトレーニングにもなります。
バランスが悪いのを支えるには体幹の動きが重要になってきます。
胸筋と腹筋などの体幹が連動するように意識することで、平泳ぎのキャッチの時などに腰が沈まないようになっていきますよ。


では、早速やっていきましょう。
片手をメディシンボールの上に、もう片方の手を床につきましょう。
通常の腕立ての姿勢と同様、脚はまっすぐに伸ばし、つま先を床に着けて、全身を一直線に保ちます。
この時つま先が難しければ、膝立てでも構いません。
身体が一直線になるようにしっかりと体幹を引き締めてトレーニングしましょう。


この状態から、徐々に身体を下げていきます。身体が一直線にふらつかないように体幹で止めましょう。
下ろす時は息を吸って、上げる時は息を吐いて行なうようにしましょう。


回数は無理をせず最初は3回などから。慣れてきたら10回3セットなどでやるようにしていきましょう。



この記事は、youtube内『Triathlete』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル