キャッチでたくさん水をとらえるための意識と練習方法

スポンサードリンク

キャッチの重要性は言うまでもないと思います。
全ての泳ぎ方で重要となる最初の水を掴む部分の練習をしていきましょう!


ボートでの説明

この動画は非常に素晴らしい動画で、どうやってボートで進むかを例に取りながら水泳にどうやって活かすかを解説しています。


さて、あなたは襲われて逃げるとなったらどうやってオールを漕ぎますか?
方法は大きく二分類。

  • しっかりとオールを深く刺して抵抗を大きくしパワーをあげ長くかく
  • オールは浅くさして抵抗を少なくするが回転数を上げてかく


  • どちらにしてもオールを漕ぐときに水の抵抗で前に進むということが頭で理解できればOKです。

    水泳でどうやって活かすのか

    手をオールとして考えると、回転をあげることは簡単ですが、しっかりと水の抵抗を作ることは難しいですね。
    そのためにハイエルボーがあるんですね。


    では、どうやってハイエルボーを作っていくか。
    今回は流水プールでやっていますが、ビート板とボールがあれば練習がしやすくなります。


    ハイエルボーが出来ている選手は、手だけなく前腕でしっかりと水を捕らえられています。
    なので、前に進みやすくなるんですね。


    下手な選手はどうしても手で水を捕らえようとしてしまうため、ここを封じてみましょう。
    そのためのボールを持つということです。
    (もしボールを持つことができなければ、手をグーにしても大丈夫ですよ!)


    こうすることで、手の平で水の抵抗を作ることができなくなるため、しっかりと前腕に意識を集中してストロークを出来るようにしましょう。



    この記事は、youtube内『SwimLabs』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル