背泳ぎのゴールタッチのコツ

スポンサードリンク

背泳ぎのゴールタッチ、どうやってやっていますか?

なかなか難しい背泳ぎのゴールタッチ。
最後の最後でタッチが合わずにライバルに負けてしまう、なんてこと一度は誰もがあるはず。

そんな皆さんにゴールタッチのコツを解説していきます。

goal_touch

今回のポイント

  • 1.ゴールまでの目印
  • 2.タッチを合わせる練習
  • 3.更に調整をしてみよう
  • 4.恐れずに挑戦



1.ゴールまでの目印

さて、早速トレーニングするのではなく、しっかりと頭で理解しましょう。

まずはゴールまでの目印を見つけていきましょう。
3つあります。何でしょうか。少し考えてみましょう。

まず1つ目は5mフラッグ。当たり前ですね。
2つ目は15mフラッグ。少し距離がありますがこれも目印にしているトップアスリートは多いです。
3つ目は意外と知られていない、5mで色が変わるコースロープ。よーく見ると変わっています。

この3つを目印にしてタッチまでの距離を合わせていきましょう。

face-up

2.タッチを合わせる練習

さて、タッチを合わせるために、3つの目印を上手く使って練習していきましょう。
2つ目の目印である15mフラッグはなかなかおいていないプールが多いですがあれば活用しましょう。

具体的にどうやるかというとストロークの数で調整をしていきます。
目印が見えた時から何ストロークでゴールにつくのかをカウントしていきます。

最初は後ろを見ながらやって、おおよそのカウントを把握した上でやっていきます。
更に試合で使えるようにするには≪続く…≫

1 2
swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル