クロールの呼吸を上手くして楽に速く泳げるようになろう

スポンサードリンク

初心者から脱出して、試合などに出るようになっている方でも初心者のころの悪い癖ってぬけていないものです。
特に多いのが、呼吸するときの抵抗ですね。
呼吸の仕方を1からやり直してみましょう!


クロールの呼吸の基本

多い間違いが、正面を向いてしまう方が多いということ。
真正面ではないにしても、呼吸が抵抗になっている方は非常に多いのです。


せっかく初心者脱出して、試合に出ているのにも関わらず呼吸が物凄い抵抗になっているのはもったいない!
ということで今回は呼吸のコツをつかんでいきましょう!!
大丈夫、そこまで時間をかけずに直していくこと、ちゃんとできますよ!!


クロールの呼吸は身体の軸を中心に、顔だけを横に向けるのが正解です。
斜め上を向いてしまったりなどは、オープンウォータースイミングのときを除いて、不正解です。
とはいえ、癖になっているとなかなか直せないのでいくつかドリルをやっていきましょう。


まずは、壁キックをしながら横呼吸。
壁キックをした状態で、身体の軸を中心に、顔だけを横にむけます。
鼻の正面が真横を向くようにしてください。
慣れてきたらワンストロークかいてみて、左右両方で出来るようになりましょう。


続いて壁キックでやっていたものを、板キックで行ないます。
先ほどよりも身体をしっかりと浮き上がらせていないと呼吸ができなくなってしまうので要注意。
呼吸するときに水を飲むのを怖がって上を向かないように注意しましょう。


最後にサイドキックをやっていきます。
キックをパワフルに打つだけではなく、手でもしっかりと水を掴んでいないと安定的に呼吸ができません。
当然ですが、この中では一番難易度が高い練習になります。
しっかりと強化のために繰り返し練習していきましょう!!



この記事は、youtube内『iSportdotcom’s channel』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル