試合後にやっておきたいパートナーストレッチの目的とは

スポンサードリンク

試合で疲れて帰ってきた日はいつもより多めにストレッチをやるようにしましょう。
セルフで出来る部分も多々ありますが今回はパートナーストレッチをご紹介。


パートナーストレッチの目的

今回の例はは、大腿四頭筋のストレッチを行なっていきます。
大腿四頭筋には大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋が含まれています。
腿の前。筋肉はこんな感じについています。
Quadriceps
この4つの筋肉をそれぞれ伸ばしていくためには色々な角度でストレッチをしないといけませんね。


さて、この筋肉を延ばすということは分かったと思うので、パートナーストレッチをわざわざなぜやるのかについて考えて見ましょう。
メリットは、大きく3つです

  • 1.筋肉を自分では伸ばしきれない方向へ伸ばせる
  • 2.自分では加えられない強さでストレッチができる
  • 3.自分の力を使わないのでリラックスしやすい


  • いつもよりも身体に負荷がかかっているレース。
    アドレナリンが出ていて疲れていないと思っているかもしれませんが、明日以降に響きますので、しっかりとストレッチを行なうようにしましょう。



    この記事は、youtube内『MuellerJapan2012』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル