効果が上がる正しい腕立て伏せの行い方

スポンサードリンク

正しいトレーニングが一番効果を発揮する

今回は腕立て伏せの正しいやり方を解説していきます。
非常にシンプルなトレーニングですが、重要なトレーニングです。
鍛えるポイントは、大胸筋。大胸筋を鍛える事でストロークにパワーが出てくるようになります。



今回のポイント

  • 1.正しい姿勢で行う
  • 2.膝つきはカッコ悪くない
  • 3.筋肉を意識して行う



1.正しい姿勢で行う

どのトレーニングでもそうですが、正しく強化する為には姿勢が重要です。
腕立て伏せでは良く、腰の位置が上がり過ぎてるor下がり過ぎている選手が多いです。

基本的には姿勢をまっすぐにして行いますが、今回意識すべきは、腹筋も意識してください。
しっかりとした姿勢を作る為に腹筋を使って腕立て伏せをやりましょう。


2.膝つきはカッコ悪くない

腕立て伏せをやっていく時に、正しい姿勢が取れないならば、膝つきでやってください。
膝つきでやることをかっこ悪いと思っている人は多いと思いますがそんなことはありません。

トップアスリートでも膝つきでやることもありますので、水泳を速くなりたいのであれば、
正しい姿勢で行う為に、膝つきの腕立て伏せも選択肢にしっかりと入れてください。


3.筋肉を意識して行う

トレーニング全般で言える事ですが、鍛える部位を意識して行いましょう。
実際に、学術的にも効果が出ていると言われていますし、自分でも意識してやると負荷が上がったように感じると思います。

今回の腕立て伏せで鍛えたいのは、大胸筋です。
色々な腕立て伏せはありますが、今回はシンプルな腕立て伏せなので大胸筋を意識して行いましょう。



今日の名言

俺はハードに練習してるぜ。お前らが休んでいるとき、俺は練習している。お前らが寝ているとき、俺は練習している。お前らが練習しているときは、当然俺も練習している。

フロイド・メイウェザー・ジュニア

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル