ストレッチポールの正しい使い方

スポンサードリンク

正しい使い方をすれば効果倍増

最近、ジムでストレッチポールを活用している方を良く見ます。
人気なんですかね?
が、正しい使い方が出来ていない方が多かったので、この記事を書きたいと思います。
しっかりと正しい位置でトレーニングしましょう。



今回のポイント

  • 1.正しく鍛えるために
  • 2.上級者になってから
  • 3.日々のトレーニングでクセ付ける



1.正しく鍛えるために

さて、今回正しく鍛える為の姿勢・位置などをお教えしていきます。
今回の映像にあるように正しいポジションでトレーニングしていきましょう。

特に多い間違えが、お尻が出ていたり、頭が出てしまっていたりすることが多いので注意しましょう。

なぜ正しく鍛えるために正しい姿勢が必要かというと、
間違ったポジションや体制でトレーニングしてしまうと、どうしても身体に偏りが出てしまいます。
スピードスケート選手の足を見てもらうと分かりやすいのですが、右足と左足の太さが大きく異なります。
これは、常に左回りに回っているため、左右で使う筋肉が異なりこうなってしまうのです。

スピードスケートの場合は問題ありませんが、水泳の場合、偏りは抵抗になるので注意しましょう。


2.上級者になってから

ストレッチポールなどの新しい器具を使う時に、色々なアクロバットな練習方法を試そうとする方がいます。
残念ながら、いきなりアクロバットな練習をしたといって効果が出るわけではなく、
しっかりとした基礎練習をやった上で強化をしないと意味がありません。

アクロバットな練習は上級者になってから行ないましょう。


3.日々のトレーニングでクセ付ける

ストレッチポールを使う事で背骨が正しい位置にあるか、姿勢などの確認ができます。
当然身体をほぐす事にも使えますが、姿勢のチェックなどではストレッチポールは非常に有用です。

ただ、ストレッチポールを使っている時だけ意識するのではなく、ストレッチポールを使っていない時にも意識をしましょう。
特に姿勢や腹筋への力の入れ方などを意識することは非常に重要です。

一応紹介しますが、ストレッチポールって高いんですよね…
いきなり買わずにジム何かで自分にあうなー、と思ってから購入をおすすめします。




この記事は、ストレッチポール │ 基本の姿勢・乗り方より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル