背泳ぎのキックを速くする

スポンサードリンク

背泳ぎのキックをうまくなろう

背泳ぎのキックは上を向いてキックをする通常のキックとは少し変わったトレーニングです。
このキックが出来るようになると、更に他のキックも早くなることができるんです。
その理由?解説をしっかりと読んでみてくださいね。


今回のポイント

  • 1.アップキックのポイント
  • 2.ダウンキックのポイント
  • 3.全身を浮かすために



1.アップキックのポイント

なんといっても大事なのはアップキック。これが上手くなると劇的に泳ぎがよくなります。
では、何を気をつけたらいいのか。

ポイントは真上に蹴るのではなく、斜めうえに蹴ること。

アップキックのコツ

画像を見て分かるとおり、斜め上に泡が出来ていますね。
斜め上に水が移動しているからこそ起きる現象ですが、なかなかこれが出来ない選手が多いんです。

少しアゴをひいたり、撮影してもらったりして、自分のキックの泡がどこにいっているのか確認してみて下さいね。


2.ダウンキックのポイント

上級者の方は、ダウンキックを特に意識して練習しましょう。
どうしても通常のクロールのときは、この動作を意識しづらいんです。
クロールのアップキック≒背泳ぎのダウンキック、なので、クロールのキックのスピードアップにもつながります。

どうやってやるかというと、画像を見てください。
ダウンキック
しっかりとひざが伸びつつ、足の裏と脚全体で斜め下に水を押しているのが分かると思います。
ここまで出来て、ようやくダウンキックで進めるようになります。

クロールのアップキックに比べて非常に意識がしやすいので、是非トレーニングしてくださいね。


3.全身を浮かすために

この練習をやっていく際にも、全身がなるべく細く高く浮いていることが重要です。
水泳では、水になるべく触れないように抵抗を減らすことが重要で、そのひとつが身体を浮かすということです。

丁寧に身体を浮かそうとする為には、
・呼吸を8割くらいすった状態でとめる
・背筋と腹筋を使い、身体をフラットにする
以上のことが重要になってきます。

身体全体が浮くようにしながらキックすることも忘れずにトレーニングしてください。




この記事は、Backstroke – Streamline Kickより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル