正しいクロールの泳ぎ方を身につけよう

スポンサードリンク

全ての泳ぎの基本となるクロールの泳ぎ方。しっかりと人に説明出来るくらい上手くなっていますか?
どの種目の選手も正しいクロールの泳ぎ方を身につけましょう。


泳ぎ方のポイント

入水では、手の平はしっかりと下をむけたまま、肘が一番高い状態で、水に手を刺すようにして入水します。


肘を曲げてリカバリーするのは上級者向けなので、最初は、手を伸ばしてやってみましょう。
また、肘を普段曲げている方もストレートアームでもやってみてもよいでしょう。


入水してからは、水を下に押さえつつ身体を前に滑らしていきます。
大事なポイントは、水を後ろに押す事で前に進むと言うことを理解しておく事。


呼吸をしたくて、下に水を押してしまう方が多いので注意しましょう。
身体の正面をかくようにしましょう。


ストロークをした後は、しっかりと水を押し切っていきます。
この時も同様に後ろに水を押します。


最後に水を切るようにして手をあげて、リカバリーから入水へと繋げていきましょう。

バランスが上手く取れないとき

クロールでバランスが上手く取れない原因はほとんどが呼吸にあります。


呼吸がしっかりとできないことによる不安から、水を下に押してしまうんです。
そんな時は、呼吸無し=ノーブレでやりましょう。


ノーブレというと難易度が高く感じますが普通の人であれば30秒ほどは息を止められます。
動作をしながらだと少し難しく感じてしまいますが、呼吸が苦しくなったら立ってしまうことで、呼吸の不安を無くしましょう。
そうすることで身体のバランスをとり綺麗なクロールの泳ぎ方が身につくようになりますよ。



この記事は、youtube内『speedojapan』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル