浮き上がりを綺麗にするために意識したいコツ

スポンサードリンク

水泳で一番スピードが出るのは、スタートのときです。
ここでスピードをあげられていると、序盤で差をつけられるので、精神的にもかなり楽になります。


壁からのスタート

しっかりと壁を蹴って進んでいくのですがいくつかポイントがあります。


改めてステップで確認をしていってみましょう。

手を揃える

ストリームラインを組む時に注意したいポイントは、手の組み方です。


どちらか一方の手を上にかぶせるような形にして、指をひっかけます。
この状態で肘などを曲げない様に頭を覆うことでしっかりとしたストリームラインができます。


手の組み方一つで抵抗が変わるので綺麗な手の揃え方を行いましょう。

深さを整える

スタートするときに、深く潜り過ぎる事は禁物です。


ドルフィンキックが上手いひとは少し深めに潜っても構いませんが、常に深さは一定に保てるようにしましょう。
そのポジションから浮き上がりに移行する事が重要です。

浮き上がりは並行に

はい、これが一番重要です。
頭、背中、腰、脚、足先が全て同時に浮き上がるようにしましょう。


先日伏せ浮きの記事をあげましたが、それとはまた別で、スピードが上がった状態で同時に浮き上がるようにやっていきましょう。




シンプルですが、毎日のトレーニングで絶対に壁を蹴ってスタートしているので、毎日意識高くトレーニングするようにしましょう。




この記事は、A Purposeful Swim Push-Offより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル