バタフライの呼吸が上手くできない人はこれをやってみよう!

スポンサードリンク

バタフライは呼吸をしないと、いとも簡単に泳ぐことが出来ますが、呼吸が非常に大変です。
呼吸をマスターするための練習をやっていきましょう!


プールに立って呼吸をイメージする

いきなりバタフライを泳いで呼吸をする事は至難の業です。
その為、まずは、プールに立った状態で呼吸をする練習をしましょう。


プールに立った状態で腰を少し曲げ、手を伸ばして顔をつけていきます。
バタフライのように手を動かし、顔をあげ呼吸のタイミングを掴みます。
顔はいきなり上げるのではなく、徐々にあげるようにします。


バタフライの映像や、今回の映像を見て、タイミングを真似するようにしましょう。
また、上げる時は、顔を水面からあげすぎないようにしましょう。
水面すれすれで呼吸をするようにします。
呼吸で身体を上げ過ぎると、泳ぎに繋がりません。

気をつけドルフィンキックで呼吸する

顔の上げ方が分かった所でいきなり泳ぎにつなげるのではなく、パーツパーツで繋げていきましょう。
呼吸を掴む上でおススメのドリルがこちら。


気をつけをしたまま、ドルフィンキックをうって呼吸をします。
バタフライの泳ぎと同様に、ドルフィンキック2回に1回の呼吸をやっていきましょう。
ここで大切なのが、タイミング。


映像を見ると分かると思いますが、キックは上半身も使ってうっています。
このタイミングをずらさないようにして、第2キックをうった後にその反動でキックをうっていきます。


なかなかバタフライの呼吸練習は難しいですが、初心者の方は是非この呼吸練習方法を試してみてください。



この記事は、youtube内『Effortless Swimming』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。


swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

catch paddle banner

swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル