背泳ぎの腕の動かし方をイメージしてみよう

スポンサードリンク

背泳ぎは唯一上を向いて泳ぐ種目です。
なかなか慣れない動きのため、苦戦する方が多いですね。
今回はそんな背泳ぎの動き方について解説していきます。


手の入水

最初に悩むのは手の入水ではないでしょうか。
親指から入れるのか、小指から入れるのか、手の甲から入れるのか。
三つのタイプがあって、それぞれあっていますので安心してください。


トップ選手は特に小指からの入水が多いですが、大人や体が硬い人は、小指入水を無理にしようとすると、
体が左右にぶれてしまうので要注意です。
手を入水したときに、体が左右にぶれたりしなければどれもOKです

手の軌道

背泳ぎは、以下の図のように、リカバリー、キャッチ、プル、プッシュ、フィニッシュという流れになっています。


背泳ぎのプルの軌道について


初心者の方が、いきなりこの動きをすべてやろうとするのは難しいので、なんとなくこんな形なんだということを理解してください。
中級者の方でも、キャッチからプルのときの少し手が持ち上がる動きができていない人が非常に多くなっています。
大切なことは、しっかりと力が入る位置で水を捕らえてあげることです。


また、肘が曲がっておらず、そのままストレートアームで泳いでいる選手を良く見かけますが、これは間違いです。
軽くひじを曲げるようにしましょう。
動画を参考にしながら、強弱をつけてあげると良いでしょう。


この記事は、youtube内『SWIMnet』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

top_speed_banner
swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル