バタフライで綺麗に呼吸をする練習方法

スポンサードリンク

抵抗の少ないバタフライの呼吸を身につける

バタフライで一番難しいのは呼吸の時じゃないでしょうか。

なかなか呼吸が上手くできない、水を吸ってしまうと言う話を聞きます。
今回は少しステップを変えてトレーニングしてみましょう。



今回のポイント

  • 1.手を戻さなくてもよい
  • 2.全てはタイミング
  • 3.進む事を意識する



1.手を戻さなくてもよい

このドリル、バタフライでフィニッシュの所までで動きを止め、手は少し後に戻すというドリルになっています。

が、いきなりこれをやるのは難しいので、手を戻さず、立って頂いても結構です。
無理して戻してかく、ということをやってしまうと理想の動きが出来ません。

キャッチからフィニッシュまで、理想の動き、身体の伸びあがりが出来るように意識しましょう。


2.全てはタイミング

今回で一番意識すべきポイントは、タイミングです。

第一キック、キャッチ、プル、フィニッシュと同時にまたキック。
このタイミングがぴったりと上手くあうと、グンっと加速します。

折角丁寧にドリルをやるのでいつもの自分とは違うタイミングも試してみてもよいんじゃないですか?


3.進む事を意識する

さて、注意しておかなければならない事は、呼吸をすることが目的ではないと言う事です。
あくまでも速く進む為のドリルです。

ですので、身体が綺麗に浮く事や、楽に呼吸ができることを意識するのではなく進むということをちゃんと意識しましょう。

目安として、何ストロークで25m泳げるか、ということのチャレンジをやってみるのもよいですよ。
がんばっていきましょう!




この記事は、Swimisodes – Improve Butterfly Technique – Skate Drillより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル