トップ選手の平泳ぎのストローク

スポンサードリンク


キックを活かすためのストロークのやり方

平泳ぎは、初心者でも出来るがゆえに、非常にレベルの差が激しい種目です。
キックがほとんどの割合を占めていますが、そのキックが強かったとしてもストロークが下手だった場合は、スピードは半減してしまいます。
今回はジェシカハーディー選手の映像を参考に、より速くなるための平泳ぎのストロークを身につけていきましょう。



今回のポイント

  • アウトスイープの動き
  • アウトからインへの切り返し
  • インスイープでの注意



アウトスイープの動き

0:30辺りから動画を見てください。
アウトスイープが始まる前の動作ですが、動画中にもでますが、アウトスイープの角度は45度にしましょう。
ゆっくりと身体の幅より広くストロークしていきます。


アウトからインへの切り返し

0:48から見てください。アウトからインの切り返しの場面が見れます。
アウトから身体の幅の約倍位進んだ所で切り返しを行います。
この幅については個人差があるので、倍を基本として腕の力次第で狭くしたり広くしたりしましょう。


インスイープでの注意

1:00くらいのところから見てください。
平泳ぎで非常に勘違いされがちなのが、手を中央に寄せる事がストロークだと思われています。
映像を見てもらえばわかると思いますが、あくまでも手でも進もうとしていることがわかります。
バタフライのキャッチの部分に動きは近いです。

いきなり寄せるのではなく、しっかりと水を押して前に進めるように意識してストロークしてください。



今日の名言

アイデアは、それを一心に求めてさえいれば必ず生まれる。

チャップリン

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル