Sponcerd Link


平泳ぎのボディポジションの大切さ


より抵抗を少なく楽に速く泳ぐために

平泳ぎではなかなかパワーを出す事が難しいので、より早く泳ぐためには抵抗を少なくする事を考える必要があります。
今回はジェシカハーディー選手の映像を参考に、より速くなるための平泳ぎのボディポジションを身につけていきましょう。



今回のポイント

  • 身体の引き上げ
  • リカバリーのやり方
  • 水中姿勢について



身体の引き上げ

0:27辺りから動画を見てください。
身体の引き上げに向かっていくタイミングですが、身体は水面と水平になっています。
このポジションを作った状態で身体を斜め上に引き上げていくのですが、注目は腰の位置。
全く下がっていませんね。

身体を斜め上に引き上げる事は非常に重要ですが、ボディポジションが下がらない様にしましょう。

リカバリーのやり方

1:15くらいの所を見てください。リカバリーの部分がスローモーションで見れます。
動画の中でもいっていますが、ナチュラルになるべく抵抗を少なくするために身体の幅を狭くします。
身体の幅を狭くして、水中に滑り込むように潜っていきましょう。


水中姿勢について

0:53位から見ると、最初足が沈んでいるように見えます。
しかし、ここでハーディ選手はコアを使って(腹筋や背筋)、足を引き挙げています。
なるべく水平な姿勢をとるために、コアを使えるような意識を持ちましょう。


今日の名言

「ああ、ここにおれの進むべき道があった!ようやく掘り当てた!」こういう感投詞を心の底から叫び出される時、貴方がたははじめて心を安んずる事ができるのだろう。

夏目 漱石