平泳ぎのキックを強くするには、体幹と下半身を連動させよう

スポンサードリンク

平泳ぎのキックでは、体幹をしっかりと支えたまま、力強いキックを打つ事が重要です。
今回のトレーニングでは、実際の動作に近い筋肉の連動をやっていきます。


トレーニングのやり方

まず最初に、仰向けで床に寝そべります。
膝を立て、膝の角度は90度になるようにします。
この状態で、何もしないとしっかりと腰が浮いてしまう部分を体幹で押さえつけるようにしましょう。


更にこの姿勢から片足を伸ばします。
膝をくっつけはしないもののそろえるようにしましょう。
しっかりと体幹を使ってキープします。


この状態から、腰を身体が真っ直ぐの姿勢になるまで持ちあげましょう。
足は大臀筋を使うようにすると良いでしょう。


意識したいポイントは、体幹をしめながら足を使うと言う事。
水泳では、体幹を使ったまま、その他の筋肉を動かしていきます。


しっかりと体幹とその周辺を連動させられるようにする事で、パワフルなキックを身につけましょう!



この記事は、youtube内『味の素KK公式チャンネル(AJINOMOTO OFFICIAL)』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル