【レベル高】身体を支える為の体幹を様々なトレーニングで鍛える

スポンサードリンク

水泳を速くなる為には腹筋強化は欠かせません。
今日は色々な腹筋強化方法を練習していきましょう!


共通で意識したい事

今回のトレーニングは、腹筋や腹横筋など、体幹部分を鍛えていきます。
更にトレーニングの効果を高めていく為に、次の事に注意しましょう。

  • 腹圧を常にいれた状態をキープする
  • 骨盤が反ったり丸まったりしないようにする
  • コア以外の部分の手足はリラックスする
  • 使っている筋肉を意識して動作を行なう


  • これらの事をしっかり守る事で、水泳に使えつつ更にトレーニングの効果UPが期待できます!

    腕立て片足引き

    腕立ての姿勢をとり、足首にコードを通し吊るす形にします。
    コードは足首につけた状態で地面に垂直に伸びる形にしましょう。


    真っ直ぐの姿勢をキープしたまま、片足ずつ交互に膝を引きます。
    動画では、それぞれを流れるようにやっていますが、最初は片足ずつ交互にやりましょう。
    左右に身体がぶれないように注意です。

    肘いもむし・腕立ていもむし

    今度は腕立てではなく、肘をついて姿勢も出てきます。
    同じく足首につけ、コードは垂直になるようにします。


    腕立てもしくは肘つきでも姿勢をキープしたまま、足を引きな、腰を引き上げ、胸の前まで膝をもってきます。
    腸腰筋、足の付け根から引っ張ってくるように意識してやりましょう。
    常に背中が真っ直ぐになるように姿勢を整えておきましょう。


    更にレベルを上げたのが、片足にコードをつけてやるトレーニング。
    先ほどの動作よりも片足のみで身体を支える為、より難易度が上がります。
    浮かせている方の足は、支えている足に添えるようにキープをしておきましょう。



    この記事は、youtube内『RedcordWorldwide』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル