上半身と下半身の連動性を高める為の腹筋

スポンサードリンク

水泳では、上半身と下半身の連動が重要になってきます。
そのキーとなるのは、何と言っても腹筋。
上半身と下半身を連動させる為の腹筋運動をやっていきましょう!


片足V字腹筋

これから行なっていくのは腹筋です。
正しい意識をしないと怪我に繋がってしまうのでしっかりと注意して行ないましょう。


まずは基本の姿勢を作ります。
足を真っ直ぐ伸ばして寝そべります。
腹圧を入れる、と言ったらもう皆さん出来るでしょうか。
寝そべった状態で、体幹に力を入れ、腰部分を地面に押しつけます。


この基本姿勢を取った状態から、片足を曲げていきましょう。
その状態から、伸ばしたままの足を上に上げていきます。
このタイミングと同時に上半身を持ち上げていきます。


大事な事は、同時に上げると言う事が重要です。
バラバラになっては連動が出来ていないので同時に引き上げます。


同時に引き上げられるようになったら、息を吐いて同時に引き上げるようにしていきましょう。



この記事は、youtube内『Strong Runner』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。



【アンケート実施中】
swim mediaでは、皆様によりよいサービスを提供する為に、アンケートを実施しております。
簡単なアンケートになっていますので、こちらよりご協力お願い致します。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル