泳ぎを安定させるための腹斜筋トレーニング

スポンサードリンク

元気に体幹鍛えていますか?
腹筋のトレーニングですが、今日はいつもの腹直筋、腹横筋だけではなく、腹斜筋を鍛えましょう。
より練習を効果的にやる為に今日もがんばっていきましょう!


今回のポイント

今回は、腹斜筋のスタビライゼーショントレーニングを行なっていきます。
しっかりと理解して強化していきましょう!
大事なポイントは3つです。

  • 左右の苦手を知る
  • 姿勢のポイント
  • 更なる強化方法
  • それぞれ解説していきますね。

    左右の苦手を知る

    まずは左右でプランクをそのままやってみましょう。
    どうですか?苦手な方はありませんか?

    身体が上げづらい、辛くなるのが早いなど、色々とあると思います。

    普通の方であれば左右にズレがある事は仕方のないことですので、しっかりとこのトレーニングをやってバランスを整えましょう。

    左右で3セットやる場合は、苦手な方をもう1セット追加するなどして苦手な方を強化するために工夫しましょう。


    姿勢のポイント

    この映像では、身体を正面から見た時の姿勢を注意していますね。
    でも水泳ではもう一つ、意識しなければならないポイントがあります。それはどこでしょう?

    正解は、上から見た時の姿勢。
    身体が横(正面)から見た時も上(頭)から見た時もまっすぐになっているようにしましょう。


    更なる強化方法

    今回のトレーニングは非常にベーシックなトレーニングですので、更に強化をしたい方は、次の方法にチャレンジしてみてください。

  • 上の手を上に上げ、片手でストリームラインを作る
  • 身体を上げた状態で上の足を上げる
  • 身体を上げた状態で下の足を上げる
  • もし難しい場合は、膝をついてやってみるのも良いですよ。
    それでは今日も頑張っていきましょう!



    この記事は、youtube内『Passion4Profession』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル