バタフライのドリル練習

スポンサードリンク


バタフライの更なるレベルアップの為にをよりよくするために

バタフライをより上手くなるために、ドリル練習を行いましょう。
色々な練習をやっていく事で、通常のバタフライが上手くなります。
映像を見本として、一緒にトレーニングしましょう。



今回のポイント

  • ワンアームドリル
  • ワンアーム+フルストローク
  • フライストローク+フリーキック
  • アンダーウォーターキック



ワンアームドリル

どちらかの腕から交互にバタフライのストロークをやっていきます。
ここでのポイントは、クロールにならないこと。
あくまでもバタフライの延長戦で片手ずつやりましょう。
うねりなども意識してやることが大切です。


ワンアーム+フルストローク

右→左→両手or左→右→両手とやっていくドリルです。
さきほどやったドリルから少しバタフライの完成系に近づけていきます。
右手から開始、左手から開始、両方ができるようになってください。


フライストローク+フリーキック

これは少し難しい練習になります。
フラットなバタフライをやるためにも、この練習は欠かせません。

うまくやるコツとしては、フリーのキックですが強弱をつけてキックしましょう。

アンダーウォーターキック

なかなか日本のプールでこの練習をすることは難しいですが、なるべく深い位置でドルフィンキックを行います。
水中では下に行けば行くほど水が重たくなります(詳細は割愛)
要はパワーを出しやすい環境になるということです。

その状況でしっかりとパワーを出せるようにしてください。


今日の名言

自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと、生きる道が見えてくる。

ゲーテ

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル