クロールを楽に早く泳ぐ為の呼吸タイミングとは

スポンサードリンク

クロールの呼吸については、大概の人が早くしようとして、間違ったタイミングでやってしまっています。
今回は少しゆっくりとした呼吸を身につけるようにしましょう。


見て学んで欲しいポイント

今回のテーマはズバリ、呼吸です。


なかなか呼吸に注目して泳ぎを見た事が無いと思いますので、この機会に見るようにしていましょう。
大事な事は、呼吸のタイミングです。


呼吸が苦しいと感じてしまうと早く顔を上げようとして、まだ呼吸する姿勢が出来ていないのにも関わらず、呼吸をしようとしてしまい、抵抗になるという方が非常に多いのです。
この動画で泳いでいる方をみると、フィニッシュが終わるくらいのタイミングで呼吸をしています。
これは通常からしたらかなりゆっくり呼吸されていますよね。


この泳ぎが正しいと言う訳ではなく、このタイミングでも呼吸を出来るように練習する事で、自分で呼吸のタイミングをコントロールできる能力が身につくので、レース前などに調整がしやすくなります。


是非呼吸のタイミングについてこの機会に考えてみて下さいね。



この記事は、youtube内『Tri Swim Coach』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
もし引用されたくない等ございましたら問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル