水泳の基本中の基本、スカーリング

スポンサードリンク

全ての基本となるスカーリング

水泳は如何に水を捉えて進んでいくかということが重要なスポーツです。
当然、そのパワー発揮した時に受ける水の抵抗を減らす事も重要です。
今回のトレーニングは全ての基本となる、スカーリングのコツをご説明します。
スカーリングで進めるようになると、いつもより水が重たくなるようになりますので意識してトレーニングしてください。



今回のポイント

  • 1.どんな時に役立つか
  • 2.手と肘の動き
  • 3.全身を浮かす



1.どんな時に役立つのか

スカーリングは水泳のどんな時にでも役に立ちます。
例えばキャッチの部分では、水を最初にどれだけつかめるか。
フィニッシュの時には水をどれだけ後ろに押し出せるか。

非常に重要な練習になりますので、より進められるようにしましょう。


2.手と肘の動き

スカーリングで重要になってくるのは手と肘の動きになります。
それぞれが上手く連動してきれいに動かす事でより進む事が出来ます。

決してパワーで進もうとしないでください(当然パワーも必要ですが)

具体的な説明は難しいのですが、手の角度と肘の角度を意識して、進めていって下さい。
水をどうやったら捕まえられるのか、映像をみて勉強してみてください。


3.全身を浮かす

さて、スカーリングをやっていきながら意識してもらいたいポイントがもう一つあります。
それは、全身を浮かす事です。

なかなか身体を水に浮かすという事をトレーニングする練習はありませんが、
スカーリングをやる時にはその意識も非常にし易いトレーニングでもあります。

今回の映像のようにシュノーケルを使っていなかったとしても
身体全体が水面に浮き出ているような姿勢を取れるよう、体幹を使っていきましょう。



今日の名言

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

イチロー

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル