泳ぎを整えよう!キャッチアップドリルの目的とやり方

スポンサードリンク

水泳には様々なドリルがありますが、どのドリルも重要となっています。
今回は、キャッチアップドリルを学んでいきましょう。


キャッチアップドリルのやり方

クロールは左右交互に手を回していきますが、このドリルでは、手を前でそろえてあげましょう。
手を前にそろえることが目的ではなくて、泳ぎを整えることが目的となります。


水泳は連続運動のため、一つ一つの動きを丁寧に見ることは難しくなっています。
人間とは凄いもので、どこかがおかしな動きをしていたとしても、他の動きでカバーしてしまうのです。
その為、原因が分かりづらくなっているのです。


このドリルはそれを解決するためのドリルになっています。
左右を交互に動かすことで、左右の違いを感じやすくなったりするのです。


例えば、右手をかくときだけ、少し身体が横にぶれる、などがわかるようになります。
まず最初の意識としては、左右の違いがないかを意識してみましょう。
続いて左右どちらの方が進むかを意識していきます。


感覚として悪い方を良いほうの動きにそろえていくようにすることで泳ぎを整えられます。
ちなみにこの映像だと前を向いていますが、あまり前を向かずにやることをお勧めします。


この記事は、youtube内『SwimTechnique TV』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

top_speed_banner
swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル