自分自身で正しいプルが出来ているかを確認するドリル

スポンサードリンク

水中で手の形や手の軌道ってしっかりと見れていますか?
今回は手のかき方を修正していくドリルを紹介していきます。


やり方

はっきりいって簡単です。


通常のスイムをするときにはリカバリーを水上で行ないますが、水中で行ないます。
この時水中リカバリーは水を切るようにして抵抗少なくリカバリーしましょう。


こうする事で意識を水の中に集中し、手の軌道をしっかりと追えていきます。
また、水中リカバリーをする事で抵抗の少ない水の扱い方も分かります。
これは、逆説的なアプローチで水の抵抗が少ない方法が分かるとより抵抗を作る(水を捉えられる)方法がわかります。


是非一度チャレンジしてみてくださいね。



この記事は、『Triathlon Swim Drills – Switch Drill』より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル