基本的な腹筋のやり方(その1)

スポンサードリンク

こんにちは。小坂悠真です。

今日は、基本的な腹筋のトレーニングを二つご紹介したいと思います。
アスリートでも基本的な腹筋をやる事は欠かしていません。

むしろアクロバットなトレーニングの方が少なかったですね。

強化をしっかりやろうと強度の高いものばかりやっていませんか?
基本的なトレーニング、しっかりと覚えてくださいね。



1.腰上げ腹筋

koshiage
この腹筋は、まず最初に重要なのは、ゆっくりとやることです。
背骨を一本一本順番に上げていくようなイメージでやりましょう。

ただし、そり過ぎないように注意してください。腰を痛める可能性があります。
慣れてきたら腰の位置にタオルを敷いて、つぶすようにしましょう。



2.腰片足上げ腹筋

koshiashiage
この腹筋で重要なことは骨盤が左右にぶれないようにすることです。
腰を上げてから足をあげますがぶれない様にしましょう。

また上げる足はひざまでの高さであげましょう。
上げ過ぎることは強化にはなりませんので注意してください。

足の角度なども注意してやってみてくださいね。



いかがでしたでしょうか?
次回は腹筋の基本を3つご紹介したいと思います。

次回のメニューはこちら


小坂 悠真
元競泳日本代表の小坂悠真です。僕を育ててくれた水泳界に恩返しがしたくて、swim mediaを立ち上げ、600記事以上を書きました。現在、編集長をやっています。 テレビ・ラジオ・イベント出演、講演会、取材のお問合せは、こちらよりお願いします。詳細プロフィールは、 こちら

catch paddle banner

swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル