姿勢維持に効果的なクロス背筋のやり方

スポンサードリンク

ベーシックな背筋ってなかなかやりませんよね。
しかし、水泳では背筋はとても大切です。しっかりとやっていきましょう。


クロス背筋で意識したいポイント

やり方は非常に簡単です。
寝そべった状態で、手足をクロスで挙げていくというトレーニングになります。
けれども待ってください!!ちゃんと丁寧に鍛えることで効果をあげていきましょう!


まず、最初に寝そべった状態で意識してもらいたいのは、お腹をへこませるということ。
相当痩せている人じゃないかぎり、お腹が床についていると思います。
これをなるべく付けないようにお腹を凹ませましょう。
体幹を締める、というような動きになります。


さて、その状態から手足を挙げていきますが、思いっきり挙げないように注意しましょう。
いきなりやると、腰を痛める原因となります。
最初は、少しだけあげるで、全然効果は出てきます。
まだ、体幹をしめたままになっていますか?気を抜かないでくださいね。


さて、少し上級者向けとなると手足を同時にあげられるようにやってみましょう。
鏡があるととてもいいですね。
自分が思っているより、手足がばらばらに上がってしまっているものです。
パートナーがいるかたは、動画を撮ってもらってもよいですね。


同時に挙げることで、泳いでいる最中にも背筋とお尻の筋肉を連動させることができ、よりパワフルな泳ぎを身につけることができます。
非常にシンプルですが、効果的なトレーニングですので丁寧にやってみてくださいね!


この記事は、youtube内『Strong runner』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。

top_speed_banner
swimsupport_banner

サービス サービス

swim gear
swim menu
swim support

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル